載せておくべきこと

色見本

商品名を載せる

当然のことですが、ダイレクトメールを発送するのであれば、商品名を載せておく必要があるといえるでしょう。また、小さくては目立たないので、できるだけ大文字で印刷するといいかもしれません。そうすると、顧客の目を惹きつけることができます。

社名や住所

せっかくダイレクトメールが届いても、どこの会社の商品か分からなければ意味がありません。ですので、会社名や住所だけでなく、電話番号や担当者名を載せておくと顧客に安心感を与えることができるでしょう。また、地図を載せて発送するのも名案です。

キャッチコピーを載せる

キャッチコピーは、一目で商品がどういったものなのか知ることが可能です。ですので、商品にぴったりのキャッチコピーを付けておくといいでしょう。また、色を赤などの派手な色にしておけば、目につきやすくなるので、ダイレクトメールを発送する際は注意しておくといいかもしれません。

割引商品をピックアップする

ダイレクトメールを発送するのなら、商品をピックアップするといいでしょう。また、実際に店舗がある場合は、一度だけでなく数回利用することができる割引チケットの代わりにすることで、固定客を掴むことが可能になるのです。

アプリを載せておく

今ではインターネットの時代ですので、若い方はあまり発送されたダイレクトメールを見ることがないかもしれません。そういった時に、写真を撮るだけで会社のホームページに飛べるものを掲載しておけば、若年層からの支持も集められるでしょう。

広告募集中