注文方法を知ろう

はがき

注文する

ダイレクトメールを取り扱っている優良業者を見つけたのなら、電話やメールで注文するといいでしょう。また、その際に規模などを聞かれるので、念頭に置いておくとすぐに答えることが可能です。しかし、分からないのなら、プロに任せましょう。

顧客のデータを渡す

ダイレクトメールを送信するには顧客の住所や名前が必須になります。ですので、くれぐれも慎重に業者選びをしなくてはなりません。また、データを全て専用の機械にインプットすることで、ハガキを発送することができるようになるでしょう。

支払いが先

基本的に支払いが確認されてから、ダイレクトメールを発送することが多いので、まずは入金をきちんとしましょう。振り込みで対応していることが多いので、期限はいつまでか、振込先に間違いはないかを確認すべきです。

デザインを決める

料金の入金が確認されたらいよいよデザインが出来上がります。また、デザインに不満がある場合はダイレクトメールの発送行者に相談することで、会社に合ったものを製作してくれることでしょう。そして、デザインが決まったら投函されるのです。

ダイレクトメール代行を利用する際によくある質問

きちんとしたイラストレーターが書いてくれますか?

はい。代行業者では経験豊富なイラストレーターが多くいるので、必ず依頼者に合うダイレクトメールを作ることが可能です。また、要望があればキャッチコピーなどの好きな文言を添えることもできるようになっています。気軽に相談ください。

通販サイトでも必要?

そうですね。通販サイトだからといって必ずしも多くの方がアクセスするとは限らないので、ダイレクトメールを投函した方が顧客のゲットに繋がります。そうすれば、今よりもより多くの方に存在をアピールすることができるでしょう。

無駄にならない?

代行業者では、きちんと顧客管理をしているので、興味を示さなかった方の情報は随時消去するようにしています。ですので、費用をさげ尚且つ効率よく情報を提供することができます。つまり、無駄になることはないといえるでしょう。

どこの県でも対応できる?

はい。配っているのは配送業者や郵便局がほとんどですので、日本国内ならどちらでも送ることが可能です。しかし、災害で配達が不可能な場合は投函することができないので、注意が必要です。また、沖縄や北海道からでも依頼が可能です。

顧客の個人情報って必要?

ダイレクトメールを効率よく送るには顧客の年齢層や性別、誕生日などを知っておいた方が利用率が高くなります。ですので、それらを習得しておくのが成功の鍵といえるでしょう。しかし、個人情報ですので、信頼のおける業者を選ばなくてはなりませんね。

広告募集中